HOME>トピックス>治療計画を上手く立てることが大切となります

歯の健康を考える

インプラント

歯が抜けてしまった時はすぐに処置をするのが望ましいです。歯を抜けたままにしておくと、かみ合わせにも良くないですし、見た目にも影響を与えてしまいます。歯が抜けた時にインプラントを埋め込む人は多いです。ブリッジですと両隣の健康な歯を削る必要がありますが、インプラントの場合はこうした健康な歯を削る必要がないです。残っている歯を守る機能がインプラントにはあります。インプラントは一本一本独立していて、歯が欠けたところだけに埋め込みます。隣接する健康な歯に影響を与えない利点は大きいですし、インプラント治療によって咀嚼能力が戻ります。

治療の効果を

入れ歯にすると自分の健康な歯と比較して、噛む力が大きく低下してしまいます。インプラントだとそのようなことはなく、咀嚼能力を回復させることができます。健康を考える上で、咀嚼力を保つのは大切です。咀嚼力があると骨が痩せるのを防ぐこともできます。インプラント治療をする時は治療期間について考える必要もあります。インプラントの手術をする時は、ブリッジ等と比較して治療期間が長いことを知るのが大切です。インプラント治療が完全に終わるまでには、4ヶ月から6月ぐらいかかります。この治療をする際のトラブルとしてネジの緩みなどがあります。こうしたトラブルを防止するにはネジがないタイプなどを選ぶと良いです。

広告募集中